世間では男の浮気に泣く女性というイメージが強いですが、浮気するのは男だけと思った

世間では男の浮気に泣く女性というイメージが強いですが、浮気するのは男だけと思ったら大間違いです。


同窓会以外にも職場や子供の学校関連など、女性だけが誰かと会うチャンスは思いの外多く、不倫ドラマが大ウケする時代ですから、既婚女性の浮気なんて珍しくもないのでしょう。

近年、浮気する女性の数が伸びてきているせいか、旦那様側が探偵に相談するケースもあとを絶ちません。

興信所に浮気調査を依頼すると、映画やドラマの探偵のような手法で行動調査を行っていることもあります。
尾行や張り込みはもちろん、交友関係を絞っていき、ときには彼らから情報を聴取するなどの調査をして、それでいて怪しまれない方法を身につけています。



また、社外秘ということでクライアントでさえ知ることができない調査方法もあるのは事実です。不倫行為が露見した場合、慰謝料の支払いが発生することもあります。

不倫の確固たる証拠をつきつけられたら、やっていた方は明らかに分が悪いです。だいたいの支払額ですが、数百万というときもあれば、転居費の実費だけで済むなど大きな違いがあるようです。払える見込みが立たないときは、減額が可能かどうか相談してみるのも良いでしょう。

浮気調査を探偵に依頼して、証拠を掴み、浮気をやめさせることに成功しても、もう一度、禁じられた恋に手を出してしまう人は少なくないようです。



退社時刻から帰宅までの空白時間が長くなったとか、メール履歴などで浮気が再燃したことがわかるわけです。もともと最初の浮気への対応が厳しさに欠けたことも要因なので、累積として一層厳格な処置が必要でしょう。不倫がわかり、離婚調停や裁判ということになれば、配偶者の不倫行為の裏付けが必要です。


よくあるものとしては、肉体関係があると客観的にわかるような手紙やメール類、不倫相手とラブホテルに出入りしたときの写真や動画、珍しいところで誓約書や絵馬などもあります。また最近は、スマホのフリーメールやラインの履歴などが不倫行為の裏付けとして認められる例もあります。


パートナーに浮気され裏切られた人の相談に乗る専門のカウンセラーがいます。
専門家に話を聞いてもらいながら、いままでのダメージから立ち直っていくことができるでしょう。

信頼していた相手に裏切られたことで相手と別れても他人を信用できなくなったり、人生に希望を見いだせなくなることも多いようです。離婚なんかしない、やりなおしたいだけという時も、カウンセリングは相談はもちろん緩衝材としても良い効果を発揮します。



性別にかかわらず不倫している人は、ウツの症状を持っている場合が多いです。



その背景にあるのは、やはり精神的なストレスでしょう。



交際相手が既婚者だと、それが片方でも両方でも、不倫の罪悪感や将来性のないことからくる無力感や悲壮感などを抱きやすくなるのは当然で、その結果、症状として出てくるのです。

そして、裏切られた配偶者※有責配偶者を含む)もまた、メンタル面の病気になりやすいです。


たちの悪い興信所にあたってしまうと、きちんとした調査結果が得られずお金だけむしりとられることにもなりかねないので注意が必要です。
話をしに行っただけで碌な説明もなしに契約を促したりする業者は用心してかかるべきです。


断って帰宅したあとでも、やたらと電話で勧誘してくるのも、たちの悪い業者によく見られる傾向です。まともな探偵社や興信所(当日予約可)であれば、けしてそのような行為はありません。探偵に調査を依頼するなら、あとで後悔しないよう、相手の勤め先や自宅と同地域に営業所がある探偵に限って探してみると良いでしょう。細かな土地勘があればあるほど、深い調査ができ、報告の精度が増します。


それに依頼する内容や諸条件によって不得意なこともありますし、逆もまたあります。まず、ネットで情報を集めて、ウェブ経由か電話で問い合わせてみるのをおすすめします。私がどうやって浮気者の嘘を見抜いているかお教えしましょう。

簡単です。

いつもと同じようにサラッと訊いてみるのです。



嘘をつく人間というのは快活であったり不機嫌であったり、強い感情を質問者にアピールしてきます。短い質問なら簡単に答えれば良いのに、ズラズラと話しすぎるのも怪しいです。
心に負い目があると、沈黙を埋めるように、よく話しますからね。

目を合わせないのにチラ見するなどの様子を見れば嘘は分かります。


こちらが落ち着いているほど効果的です。浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、自分の手で浮気の裏付けを取るというのは無理というものです。


しかしきちんとした証拠を握っていれば、不倫関係を解消させるとか、離婚するとかにしても話を進展させるうえで役に立つでしょう。配偶者の浮気の疑いが濃厚であれば、ちょっと頑張って依頼するのはやめたほうがいい探偵を頼んでみてください。多少出費はかさみますが、浮気相手と出かけているときの写真等、言い逃れできない証拠を手に入れることができます。たとえ浮気といっても不貞行為ではありますから、相手の配偶者が内容証明で不倫の慰謝料請求をしてくるのは覚悟しておかなければなりません。気になるのがその金額ですが、先方旦那(夫)妻が結婚を継続するか否かで変わってくるものです。


仮に離婚せずに慰謝料として高額な金銭を要求されたら、直ちに弁護士さんに相談してみるようにしましょう。ちょっとした息抜きのつもりの浮気が、いつのまにか自分や家族を追い詰めるものに変わっていく。
結局のところ、不倫は何も生み出しません。


仮に夫婦のどちらかが相手のことを嫌っていても、別の誰かを見つけて再出発をはかろうなどと考えるのは、お気楽すぎるのではないでしょうか。

夫婦の間で生じた不満なら、もっと上手な解決方法を模索すべきですし、お子さんがいるご夫婦なら無責任もいいとこだと思います。後悔するのが分かっていても、浮気という手段をとるのでしょうか。

パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、明確な浮気の証拠をつかみ、慰謝料としてある程度の金額を請求するのが驚くほど効果があるそうです。
不倫の相手のほうでは後先のことまで考えが及んでいないというパターンが多いです。慰謝料請求という現実を見せることで、自分たちがしたことを実感させるのです。



近頃はスマホを情報源として隠し続けていた浮気がバレるという例も増えてきました。スマホは何でもできてしまいますが浮気もしかりで、ラインのトークやメールなどに配偶者の不倫の証拠が隠されていると考えるのが妥当でしょう。



わざわざロックしてあったりしたら、十中八九、浮気の証拠がそこにあると思われます。

警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。

婚姻関係にない不倫の関係であっても、生まれた子の認知請求は可能で、民法上でも認められた正当な権利です。



いったん認知してしまうと、その後は養育費を請求されたら支払う義務が発生しますし、親子関係では非常に重要な手続きとなります。

認知ときいて浮気相手が逃げてしまった場合、認知請求の訴えを家庭裁判所に申し立てるという手段もあります。つまり子供ができてからでは遅く、その前になんとか不倫をやめさせないと、今後の人生設計にかなりの不利益も覚悟しなければなりません。パートナーが不倫していることに気づいたら、慰謝料の支払いを求めることができます。

といっても簡単なことではありません。

当事者だけで話しあえば、意地の張り合いになり、なかなか話がつかないことが多いです。裁判で決着をつけなければならないでしょうし、そうなる前に弁護士にお願いして、なるべく円満な解決を目指すのも「あり」ではないでしょうか。やられた方にとっては堪ったものではないですが、浮気はぶり返してしまうケースもままあります。
浮気現場を押さえられて、反省の態度は見せるのですが、またしても我慢できなくて浮気するおそれは充分あります。

不審な行動に気づいたら、探偵を頼むなどして、不倫の証拠をおさえて、懲らしめてやるといいでしょう。パートナーの不倫が露見したら、落ち着けと言われても無理かもしれません。徐々に落ち着きを取り戻してきたら、その許しがたい行いへの対策を立てましょう。
だいたい不倫行為は、やってしまった人間が「有責」なのです。

気持ちの上では埋め合わせをすることはできないでしょうけれど、いままでどれだけ苦しんだか、その対価としての慰謝料請求はきっちり行い、相手に責任をとらせましょう。興信所(当日予約可)や探偵社などを経営する際は、特殊な免許資格は求められません。

そのかわり、探偵業の適正化のために作られたいわゆる「探偵業法」によって、少なくとも探偵業を始める前日までに、営業所の管轄となる警察署経由で、公安委員会に届け出と誓約書を提出し、「依頼するのはやめたほうがいい探偵業届出証明書」の発行を受けて、許認可を出してもらうことだけは省略できません。


営業所ごとにあるので、確認させてもらうと良いでしょう。探偵も企業である以上、作業には支払いが必要です。



それに、依頼する調査の内容次第でコストテーブルも変わります。
追跡して行動を窺うような調査だと、ある程度まとまった時間を要します。



どのくらいの期間を要するかでもコストテーブルは変わってくるため、調査が長期や長時間になればそれだけ多くの費用を必要とします。


配偶者が不倫していたことが原因で当事者同士ではどうにも離婚の折り合いがつかず、離婚調停にまで発展することもしばしばあります。
裁判所から任命された調停委員が加わったうえで話し合いが行われるため、当人たちだけよりもスムーズに済み、時間の引き伸ばしも最低限で済むため、精神的な疲労もそれだけ軽減されます。
あまり怖がる必要はないでしょう。
当人たちからすればリフレッシュやお遊びでも、された側にとっては人生観さえ変えかねない恐怖を感じるのが不倫です。


信頼を裏切る浮気を好き放題にやらせておく理由はないはずです。浮気の裏付けをとる方法は身近なところでケータイチェックでしょう。


メール、フリーメール、LINEその他のSNSなどで連絡を取り合っている可能性は高いです。


不倫の行動調査を探偵に依頼した際、ときどき、代金のことでトラブったなんてこともあるみたいです。あらかじめ説明された通りの代金にプラスアルファで高額なオプションが付加されたり、キャンセルを申し入れることもできますが、その場合はキャンセル料をとられることがあります。あとで後悔しないためにも、契約前にきちんとチェックするのは不可欠なのではないでしょうか。
むこうの態度や料金説明に不審な点があったときは、そうでないところを探したほうが、結果的にうまくいくでしょう。


興信所に調査を依頼する際に確認しなければいけないのは、総コストではないでしょうか。コストテーブルがあるとはいえ、依頼内容によって増減します。素行関連の調査などの場合、とくに浮気なら、1セット60分で作業するときの平均は、だいたい2万円ぐらいです。
まともな業者であれば同じような価格帯だと思いますが、実際に電話で相談して価格を聞いてみるのが一番早い方法だと思います。
27歳の公務員(男)です。一年前に結婚し、嫁(妻)は独身時代からの保母の仕事を続けています。この前、まさかの不倫発覚。バレたとき、嫁(妻)は謝るかと思ったのですが、まったくなし。翌朝から今までほとんど喋りもしない生活になってしまいました。頭がパニックです。妻から傷つけられるとは思いませんでした。放っておくと、なしくずし的に終わりそうな気配なので、何か手を打とうと思っています。
色々見ていくと、浮気相手と別れた理由でやはり一番多い答えは、パートナーにバレたからというものです。

とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは難しく、気分的にも良いものではありません。



結局のところ、その道のプロである依頼するのはやめたほうがいい探偵に不審点の洗い出しや不倫の裏付けをとってもらうほうが失敗もなく、気苦労も少なくてすむでしょう。とはいえ、不倫の気配に気付くまではあくまでも自分自身でやらなければいけないのです。スマホに買い換えたときは「いつでも使っていいよ」と言っていたのに、近頃不自然に隠すそぶりがあるんです。ぶっちゃけ浮気かなと思い当たり、暗い気分になってしまいました。知り合いかそうでないのか確かめようと、チェックしてみましたが、ロックしてあって、何も得ることができませんでした。



泥沼は嫌なので、これは探偵業者に調査してもらうべきかと思いましたが、主婦のへそくりもないので、最初の一歩を踏み出せないでいます。



32歳の主婦です。
6つ年長の旦那(夫)と子供たち(8歳、6歳)と、実家の二世帯住宅に暮らしています。
夫の浮気が発覚したのは3か月も前になりますが、双方の親も交えて話し合い、いよいよ離婚という運びになりました。


親権は私ですが、母子家庭として子供二人をきちんと育てるわけです。


簡単なことではないでしょう。

私の怒りや戸惑いは後回しにして、弁護士の方にお願いし、夫には慰謝料と養育費、不倫相手には慰謝料を求め、公正証書というのを作ってもらいました。これから探偵を雇うつもりでいたら、標準的な料金というものを調べておかないと、意外に高額で、「騙されてる?」と思った人もいるそうです。



なにせ、時間あたり1万円程度を計算しておく必要がありますから、安いものではありません。


期間(時間数)が増えたりすれば依頼者の費用負担は増加するため、どこまで払えるか自分で見極めることが大事です。

後払い!頭金0円