不倫調査で総合探偵・興信所を利用するなら、平均的な料金は調べておいたほうが良い

不倫調査で総合探偵・興信所を利用するなら、平均的な料金は調べておいたほうが良いです。

依頼者の悩みに乗じたかのような高額な料金を請求する業者もあるからです。



また、安価な価格設定で顧客を誘い、追跡調査時の経費や機器代など、多数のオプションが付加されることもあるため、依頼する前にオプションを含む料金体系を、しっかりチェックしておかなければなりません。

名前の違いで悩む人がいるようですが、今の時代の興信所と探偵社の差はこれといってないと思って良いでしょう。調査と報告が業務であるという点はどちらも共通しています。不倫調査という点でいえば、区別して考えることはないですし、裁判の証拠として差が出るわけでもありません。ただ、ある程度の得意分野だのは調査スタッフや会社によっても変わってくるでしょうから、依頼する前に確認しておいた方が良いでしょう。



個人を特定できる情報を伝えなければ、興信所に不倫の調査をしてもらうことは正直ムリですので、誠実な会社に頼むべきです。コストダウンを追求して依頼したのは良いけれど、パートやバイトが調査をするような業者だったら、バイト気分とバイトレベルの調査能力のせいで意図しないトラブルに発展することがあります。
失敗しないよう、利用者のクチコミ等をチェックして評価の良いところから選ぶのがコツです。



自分でなく、職場の同僚のことなんですが、ここ半年ほど奥さんが男と密会しているのがわかったので、その浮気相手に対し訴訟を起こしたいのだそうです。

結構マジメな話です。

しかし訴訟というものには相応の費用もかかるでしょうし、浮気の歴然とした証拠というのを見せてやって、慰謝料を求めたうえで、一切のコンタクトを今後は禁止する(ペナルティも考える)なんてどうかと助言しておきました。


探偵を使ってまで浮気調査する必要があるのかと言われれば、たしかに個々の自由だと思います。


けれども不倫というのは家庭の根幹を揺るがす問題で、仕事場はオバさんばっかりと本人が言っていたとしても、用心してかかったほうがいいのです。


出会いが少ないところほど、たまに来る女性が華やかに美しく見えるのです。

もし疑いをもつようなことがあれば、不倫調査をする探偵社に相談してみれば、いたずらに心配せずに済み、精神的にも負担が少ないと思います。


勤務先で不倫カップルの存在が判明したとしても、不倫はプライベートな行為のため、セクハラでもないかぎり仕事を辞めさせることは無理でしょう。

ただし、採用時の契約書や就業規則の記載にある、職場の風紀秩序を壊乱したか、そのおそれがあるというものに相当すれば懲戒もありえますが、せいぜい上司から注意される程度で、処罰といえるようなものはなしで済んでしまうことのほうが多いでしょう。
興信所が作成する調査報告書は、書式は一定ではないようです。

しかし、調停離婚や訴訟の場で利用する可能性がある場合は、なんでも証拠になるというわけではないので、元々の調査がしっかりしていて記載の要領も良い報告書である必要があります。あとでどういった形で調査報告書を使いたいかを考慮し、業者を選定しておけば安心です。誘われたからとか遊びだったとか言い訳しても、自らがした不倫の償いは、高くついて当然でしょう。

まず、不倫で取り残された配偶者がどのような対処をとるかで変わってくるとは思いますが、家庭が滅茶苦茶になったり、不倫の慰謝料を要求されることもあるでしょう。


不倫なんていうものは、露見してしまえば金銭的にも社会的にも代償を支払い、償いの生活を送る羽目になるのです。

浮気調査を探偵に依頼したものの、あとになって追加料金が生じることもあります。ただ、契約時に交わした書類には、オプション発生時の条件が書かれています。したがって契約書にはよく目を通して理解することは欠かせないのです。よくわからないことがあれば、きちんと契約前に確認しておくのも怠らないようにしましょう。浮気というのは字のごとく軽い気持ちでしてしまうものかもしれませんが、パートナーにしてみれば、人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。



その許す事ができない行為をしたい放題にしておくなんてもってのほかです。



浮気の証拠といったら、身近なところで携帯(スマホ)ですね。

メール履歴がなくても、フリーメールやSNSを使って相手と連絡をとっている可能性は高いでしょう。

義両親が子どもの面倒を見てくれるので、それならとバイトを始めたのですが、そこの社員さんにアタックされ、既婚者だと分かっていて、浮気してしまいました。子供が手を離れるまで、のんびりと主婦してただけなので、軽率なところもあったんでしょう。以前と変わったところがあったのか、夫なりにすぐピンとくるものがあったらしく、相手の奥さまと内密に連絡をとられて、先方は別居、私は離婚で慰謝料も支払うということになってしまいました。
探偵業者にかかる費用には幅があって、星の数ほどもある業者の中には、大層な費用を請求してくる例もあり、注意が必要です。


調査の質の高さと価格の高さはイコールかというと、実際はかなりあいまいです。



高いお金を払って、最も大事な不倫の裏付けすらできなかったなんて無様な結果に終わらないために、あらかじめ標準的な費用について知っておくと良いでしょう。

浮気の追跡調査と一口に言っても、いざ支払いとなると、探偵社次第で結構な違いがあるようです。



一社では費用の妥当性もはかりかねることですし、ちょっと手間でも何社かに見積り依頼しておくことを推奨します。そうすれば請求書が来てから悩むこともないでしょう。それから、抵抗感はあるかもしれませんが、不倫調査の対象者について知っている情報をデータとして用意するか、メモなどで整理しておくと、調査時間の短縮になる上、費用圧縮になります。

悩みを抱えていて、もし探偵業者がそれを解消してくれそうなら、相談という形で問い合わせてみるのも良いでしょう。所在地や取扱案件などの企業情報は、広告でも見かけますし、インターネットでも見ることができます。

相談してみると、相談内容に沿った調査方法を提案してくれて、それで良ければ見積りが出てきます。
費用が心配でも、見積りまでは無料という会社も多いので大丈旦那です。見積りをもらってから、落ち着いて考えてから依頼することもできます。

もし配偶者の浮気を疑っているのであれば、すぐに探偵業者に依頼しないで、まずはそのような業者が行う無料相談を利用すると安心で良いでしょう。

家庭を揺るがしかねない状況に心を痛めている時に、今まで利用したこともない業者に調査を依頼する(雇う)なんていうのは、どうしたって不安なものです。



そうした心配を解消するために、まず相談だけしてみて、誠実そうなところを選べばよいのです。探偵を依頼する(雇う)には、まず、電話で相談してみることからスタートです。電話口での相談で相手の応対を見て、細かく相談したいと思ったら、営業所に行きます。そこで契約に必要な説明を聞いて、依頼することを決めたら契約書を交わし、そこから実地での調査が始まるでしょう。



私は大手探偵社の調査員をしていますが、最も依頼が多いのが不倫調査です。しっかりした裏付けを得るには相応の経験とカンが必要です。

地道といいつつも予想外の出来事は多く、即座に判断して行動する応用力も必要です。



対象となる人物に調査案件が知れてしまえば発注者の安全と利益を損なわないよう、細やかな注意を怠らないことは言うまでもありません。一般的に探偵業者に不倫の証拠押さえを依頼する代金というのは、けして安いものではありません。ただ、安さで依頼したところで浮気してるかどうか「わからなかったです」では、お金をドブに捨てるようなものです。

最終的に頼りになるのはその会社の実績値なのですが、高値設定のところほど、必ずしも調査能力が高いわけではないのが判断に迷うところです。悪質な探偵業者であることを見抜けずに利用すると、大事なお金を棄てるようなことになりかねません。
相談に行っただけなのに事務所に足止めし、料金や作業に関する説明が不十分だったり、不安な気持ちにさせて無理に契約させる事業者は用心してかかるべきです。一度断ったのに、やたらと電話で勧誘してくるのは、悪徳業者にはよくあることです。
しっかりした探偵社なら、依頼人が不快に思うような行動はとらないですからね。浮気調査を探偵に依頼するとき、本人に知らせずに尾行したり聞き及んだ情報等をクライアントに報告する探偵業というのは法律に抵触しないのかと心配する方もいるようです。



探偵業法という法律のおかげで業者や調査員個人の法意識は高いので、心配はご無用です。
法律自体は平成19年6月に施行されましたが、それまでは興信所や探偵といった調査業者への明確な規制がなく、違法な詐欺まがいの業者との様々な被害から個人を保護するために策定され、現在に至ります。最新技術の普及により、GPSの衛星測位システムを使って浮気を発見できるようになったのは有難いことです。



調べたい相手にGPS搭載のスマホを持たせることができれば、誰でも簡単に、ほぼリアルタイムで位置情報を特定できてしまうのです。別に違法というわけではないですし、自力で配偶者(夫・妻)の浮気を見つけようと思ったら、これを使ってみるのも手ですね。
探偵を利用したいと思っても、お金のことは気になりますよね。調査会社への代金の決済(支払い)方法は、規模の大きな会社ならクレジットカード(一括や分割)やローンでの分割に対応しているところもあります。



すぐにでも浮気調査をしてほしいのに代金の都合がつかないという場合は、分割での支払いに対応してくれる探偵社を中心にリストアップしていくのも良いかもしれません。離婚を前提としているようで不倫調査を頼むのは気が引けるという人もいるでしょう。

でも物は考えようで、離婚しない人も多いですし、そう深刻に考えることもないと思います。
もし離婚するにしても、不倫カップルを別れさせるにしても、肝心の証拠を押さえておけばメリットはあるはずです。興味がなかったり直視する気がなければ、それはそれでいいのかもしれませんが、何らかのかたちで決着をつけたいと思ったら、その道のプロ(探偵)に相談する価値はあるでしょう。
総合探偵・興信所に浮気調査を依頼すると、テレビでよくやっている探偵物のような方法で行動調査を行っていることもあります。
行動追尾や張り込みは言うまでもなく、相手の行きつけの場所や時間を割り出し、妥当であれば交友関係者に聞き取り調査なども行って精度をあげるようにします。
それに、あくまでも企業秘密で、公表されていない調査手法などもあり、結構ハードな世界のようです。
総合探偵・興信所や探偵を利用する事由の大半は、浮気の行動調査ではないでしょうか。
不審な行動があるので、浮気しているかどうかだけでも知りたいというものや、証拠を押さえて離婚したいといった要望まで、目的をはっきりさせれば、いくらでもそれに応じてくれるはずです。不倫相手から慰謝料をとるつもりなら、明確な証拠を得る必要があるので、仕事慣れした探偵に頼むのが一番だと思います。浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、自力で浮気の証拠を押さえるのは簡単なことではありません。でも、浮気の確たる証拠があれば、浮気封じ、離婚、慰謝料と話を進展させるうえで役に立つでしょう。浮気相手がいることが分かったら、裏付け調査を探偵に頼むと良いでしょう。お金はかかるものの、交際相手とホテルから出てくる写真のように、裁判にも通用するような証拠を入手できるでしょう。



実際のところ探偵調査業というものにもライバル社というのはあり、格安価格を売り物にしたり、一律価格を謳う会社が増えているようです。とはいえ、オプションがついたりすることもあるので、契約する前に、価格や内容をよく確認し、時間とお金を無駄にすることがないよう気をつけるようにしましょう。パートナーが浮気をしている気配があって興信所で調べてもらおうと考えているなら、価格の安いところに目がいきがちです。



ただ、理由もなく安い場合は安易に契約を結ぶべきではありません。
経費を省くため、調査内容がいまいちという例もあるわけですし、これから依頼するのであれば、誠実な会社なのかどうかも調べておくと良いでしょう。いくら探偵であろうと、結果が出ない(出せない)ケースも存在します。
よくあるのは、パートナーの不倫の追尾調査で相手が(少なくとも調査期間中は)無実だったケースです。
ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、結果が出ないこともないわけではありませんから、依頼する探偵社の質や評判を先に調べておくことが不可欠です。それと、相談時に探偵と充分に話のすり合わせを行うのも結果に大きく影響してくると思います。

探偵に浮気調査を依頼する場合、根本的にどういった目的があるのかをきちんと話し合っておく事が重要です。配偶者の不倫さえなくなれば良いのか、確たる証拠を掴んで離婚したい(裁判も考慮)などこのくらいは最低限、区別できるようにしておきたいですね。
依頼の内容次第では調査方法や裏付けのとりかたなどが変わってくることもあり、必ず伝えるようにしましょう。

後払い!頭金0円