素行調査や不倫の追尾調査などを探偵に頼むと、刑事ドラマで「あるある

素行調査や不倫の追尾調査などを探偵に頼むと、刑事ドラマで「あるある」みたいな方法で行動調査を行っていることもあります。対象に気付かれずに尾行したり、張り込みも行いますし、行動範囲やパターンを分析し、妥当であれば交友関係者に聞き取り調査なども行って精度をあげるようにします。



また、社外秘としてクライアントでさえ知ることができない調査方法もないわけではなく、頼まれてもお答えできないとのことでした。



探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、素行(不倫)調査ではないでしょうか。

それをベースに探偵の調査手法をご説明しましょう。

一般的な浮気調査では、事前にクライアントから話を聞き、ターゲットの尾行をします。何日も調査しても経費がかさむだけですから、あきらかにクロかグレーの日に狙いを定め、相手の浮気の証拠を抑えるのです。
探偵御用達のツールとしては、かつては無線発信機を使用していたのですが、現在はより高い精度のGPSを使うところが多く、昔の発信機と違って尾行失敗(失尾)の確率を下げるのに役立っています。最近の高性能GPSというのは正確で、よほど電波の届きにくいところでなければ車両を発見することは簡単になりました。

そんなGPSを設置できれば、調査の精度はさらにあがります。以前に比べSNSに抵抗感のない人が増えてきて、そこでポロリと不倫が発覚した場合も増えているのです。



パートナーが以前に比べ頻繁にSNSをチェックするそぶりがあれば、不倫相手と連絡を取り合っていると疑ったほうがいいかもしれません。スマホやSNSへの警戒心は、浮気の有無を見出すきっかけにもなりえます。不倫していると受け応えでも見抜くことができます。
いつもと同じようにサラッと訊いてみるのです。人間はウソをつくときほど妙にてきぱきと答えたがるので、そこを見ます。



だから質問は簡単なほうが良いのです。短い質問なら簡単に答えれば良いのに、どんどん話を付け足していくのは怪しさ満点です。

やましいと感じていると、間合いが開くのが苦手になって、埋め合わせにとにかく喋ります。
目を合わせて話をしていると、やたらと目線を泳がすのでも分かります。



興信所を選ぶ際の指標となる探偵能力というのは、企業としての大きさが一応の目安にはなると思います。



フランチャイズで幅広い不倫調査や尾行ができるエリアをカバーしている会社は、調査用の資材や方法などについて最新のノウハウを持ち、その時々のニーズに合わせた調査方法を持っています。


規模の大きなところは調査にあたるスタッフの指導育成が徹底しており、そういう点が調査成果や報告書の精度に大きく影響してくるのではないでしょうか。
探偵を使い慣れている人はいないでしょう。

いざ配偶者の浮気を調べてもらうにも、「ここがいい」なんてアテがないのが普通だと思います。依頼するのはやめたほうがいい探偵業務を行う事業所は、公安委員会への届出が不可欠です。認可がおりた事業所には許認可番号つきの探偵業届出証明書が交付されます。
まともに届出を出している会社なのかは、届出番号で判断することができます。


つまり、業者のウェブサイトに許認可番号が掲載されていることを確認して、依頼するようにしてください。

パートナーの浮気に気づいたときは、取り敢えずマズイ対応をしてしまわないためにも、気持ちを静めて冷静になるのが先決です。浮気した相手を再び受け入れることができないのであれば、やはり離婚や慰謝料についても考えておく必要があるでしょう。



一人で考えても埒が明かないので、二人で会って、今後のことについて話し合うと良いでしょう。
僕の会社の後輩なんですが、ここ半年ほど奥さんが男と密会しているのがわかったので、男の方を相手どって裁判を起こしたいみたいなんです。

気持ちは分かりますが裁判となると裁判費用などがかかるのではないでしょうか。ちゃんと浮気の証拠を押さえて不倫相手に慰謝料の支払いを求め、今後の接触を禁じるのも一計ではないかと言ったのです。
まずは冷静になることですよね。
不倫の慰謝料請求には期限があります。



相手が誰だかを知ってから3年間というのは結構短い期間ですよね。でなければ不倫行為から20年以内だそうです。


時効が迫っているときは慰謝料請求訴訟を起こせば、期限がリセットされるのです。
時効が迫っているなら、裁判を起こすのも考えに入れましょう。一般の人が思っている以上に、探偵業者の数は多いでしょう。選ぶときには人気や評価を基準にしたほうがいいです。
インターネットで検索してみると探偵業者のクチコミや営業所レベルでの対応などを見ることができます。都内在住なら自分の住んでいる区内から満足度の高いところを選んで、話をすれば、調査を任せても安心でしょうし、その成果も期待できます。パートナーの不倫が元で離婚話がうまく進まず、ついに家庭裁判所のお世話になることもしばしばあります。

調停の場では家事調停委員を間に入れて離婚のための意見調整を行うため、夫婦やその関係者だけで話し合うよりソフトな雰囲気の中で話が進行するというメリットがあります。

前の日はよく眠り、気楽に行くことです。4歳の娘と7歳の息子がいるアラサー主婦です。夫は7つ年上で社宅住まいです。
先月半ばに彼の職場不倫がわかり、両方の家族同士で話し合った末、離婚が本決まりになりました。

まだまだ手のかかる年齢の子供を、今後は私がひとりで養育していく責任があります。
感情的に揺れている自分が上手に対処できるとは思えなかったので、弁護士(裁判ではないですよ)を介し、彼とその交際相手に対する慰謝料や、養育費の話を進め、それらは公正証書という形にまとめてもらいました。

浮気していたことがわかり、これから離婚裁判や慰謝料の請求などを行う際は、浮気の証拠が不可欠です。

証拠に採用されるものとしては、性的な関係にあることがわかる文書(メール、手紙)や、二人でラブホテルを利用している写真や動画、変わった例では不倫相手と交わした誓約書などがあります。

また、スマホでのLINE履歴やSNSの書き込みが証拠として採用されるケースが増えました。私も会社に所属する依頼するのはやめたほうがいい探偵として長年やってきましたが、一番多いのは浮気の調査ですね。もちろん、その証拠を集めるには相応の経験とカンが要求されます。

地道といいつつも予想外の出来事は多く、すぐ判断してベストな選択をしなければいけないので、気は抜けません。浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないと依頼者に不利益をもたらしかねませんので、徹底的に注意を重ねるのは言うまでもありません。

通常の金銭感覚からすれば、調査会社に頼んで浮気調査をしてもらうときの値段は、高いように思う人が多いようです。ただ、安さで依頼したところで肝心の不倫の裏付けができなければ、時間とお金の無駄遣いですよね。結局のところ大事なのは、探偵社の調査力の高さです。


しかし、高値設定のところほど、必ずしも調査能力が高いわけではないのが素人目には判断がつきかねます。
依頼するのはやめたほうがいい探偵に調査を依頼するなら、あとで後悔しないよう、相手の勤め先や自宅と同地域に営業所がある探偵をあたってみると良いでしょう。

不倫調査が可能な地域のことをよく知っていれば、仕事を有利に進められますし、報告書の内容がより克明になります。
それと、依頼内容次第では得意、不得意の差が出ることですから、先にウェブで情報収集しておき、電話で問い合わせてみるのをおすすめします。探偵にパートナーの浮気調査依頼した際、相手にバレたりしないか心配になりますよね。

探偵というのは相応の技能と経験を持つプロフェッショナルですから、気付かれるような可能性はほとんどないと思っていいでしょう。

また、これは大事なことなのですが、浮気調査を依頼したあと、依頼人の「態度」に変化が表れたりすると、相手が勘付くというケースもないわけではありません。探偵の報告書を受け取るまでは、あくまでも自然に行動するように気をつけましょう。


最近はデジタル技術が発達したので、個人でもGPS機能を使えば浮気をかなりの精度で見つけることが可能になってきました。GPS機能つきのスマホを持ってもらうことで、相手の現在位置が分かってしまうのはすごいですね。
別に違法というわけではないですし、相手の不倫を自力で見つけたいときは便利です。

ただ、位置情報だけでは証拠にはならないのでご注意ください。
どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、その人の倫理観によっても違うでしょう。
「私より他の女性を優先した」とか身体的な接触が少しでもあれば浮気だと認定する人もいるぐらいです。実際、浮気については現代の法律でも定義があって、性的行為があれば不貞行為と認識されます。
順風満帆な結婚生活を続けたければ、夫婦間では不倫を疑われるようなことは控えたほうがいいです。

大事な家庭に不倫という影を感じるようになったら、依頼するのはやめたほうがいい探偵業者にすぐ調査を依頼せず、事前相談といった形で無料で話をきいてくれるところを利用するというのもありだと思います。浮気問題だけでも不信や不安でいっぱいなのに、信頼できるかどうかもわからない会社に極めてプライベートな調査を依頼するのは、やはり無理があります。

そのような不安を少しでも減らすために、良い業者を見極めるためにも無料相談は有効です。


探偵業者の職員になるには、普免はあったほうが良いかなという程度で、特に資格は不要です。
しかし、実地面での素行調査(不倫や不貞含む)を確実に遂行するには、スキルがしっかり身についているレベルにまで達していなければなりません。
社員教育の徹底した会社を選ばないと、調査の現場にほぼ素人のアルバイトさんを投入していることもないわけではなく、気をつけなければなりません。金銭という対価に合った仕事ができる依頼するのはやめたほうがいい探偵に調査に入ってもらうことこそ、結果を出す近道です。
一般的に不倫の証拠に使える写真というと、浮気相手と共にホテルに入る場面につきるでしょう。



自力で写真を撮れないことはないでしょうが、いざ写真を見るとうまく撮れていないケースがあります。

ちゃんとした証拠として使えるような写真を撮影したいのであれば、依頼するのはやめたほうがいい探偵に依頼したほうが賢明でしょう。
ダンナの不倫や隠し子などの探偵事務所を訪れるというドラマの展開は、しばしば見かけたりします。
素人が探偵と一緒に行動するシーンもあって、真似くらいはできそうな気がしますが、調査対象が用心している場合などでも秘密裏に行動を追い、まったく気づかれないよう証拠写真を撮影するというのは、初心者には到底無理です。

調査したい相手に露見するのは不利以外の何物でもありませんし、調査は専門家に依頼するべきだと思います。



依頼するのはやめたほうがいい探偵業者と一口に言っても、中にはとんでもないインチキな会社もあるので、評判をよく調べ、信用できそうな会社を選ぶことが大切です。例えば、浮気の追跡といった調査ひとつとっても、確実な裏付けを優先すると、所要時間はやや流動的になります。

調査に要する時間と代金は、よく確認して疑問点がすべて解消したところで契約するようにしましょう。
探偵社の仕事を便利屋に頼めば安くつく。こう考えたあなた、この二者にははっきりとした法制度上の違いがありますから、ご注意ください。

何でも屋とか便利屋と呼ばれる仕事は普通の会社と同じように始められますが、探偵業となると、所管の公安委員会あてに、依頼するのはやめたほうがいい探偵業法に則って誓約書や身分を明らかにする書類と共に開業届を出し、正式な認可を受けるまでは開業できません。

法規制がない便利屋と違い、高度で専門的な仕事と個人情報を扱うのが依頼するのはやめたほうがいい探偵業です。小説やドラマなどで無償で活躍する探偵もいますが、現実では調査を依頼するときは代金が必要になります。同じ調査でも調査員の業務内容により、見積り額も変わってくるでしょう。

単純そうな行動追跡でも、長期戦になるかと思えば1日で済んだりと、わからない部分もあります。

ほかにも時間帯や日にちをどう設定するかで料金に差は出てくるので、調査を行う時間が長ければ、必然的に価格は多くなります。



不倫された事実に気づいたときは、誰だって頭の中が混乱するものです。



ただ、落ち着いてきてからで構わないので、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。
だいたい不倫行為は、した人間の方に責任があるのです。

精神的にはまだまだ本当の解消には至らないかもしれませんが、あなたが苦しんだ分の慰謝料は、しっかり支払ってもらうべきです。

興信所や探偵社で行う浮気調査は、出来高制を採用している場合もあります。それって浮気の証拠を押さえない限りは無料ってことですよね。得だと思う人もいるかもしれません。
しかし、不倫そのものがないのではと思われるときや、長期間にわたる調査が必要な場合はお断りというパターンもあるようです。

また、調査員が浮気の裏付けをしっかりとってきた際、かなりの代金を請求されることがあるようですから、あらかじめよく確認しておきましょう。


調査業や探偵業は「はじめて」の利用者が圧倒的に多いそうです。ですから、もし悩んだら、相談という形で問い合わせてみるのも良いでしょう。業者の場所や連絡先等は、電車や雑誌の広告などでも見られます。専属スタッフに相談すると、ケースごとの概算で見積りを出してもらえます。



そこまでなら無料のところもありますから、慎重に考えてから依頼することもできます。

後払い!頭金0円