個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の

個人情報保護という考え方が浸透してきたせいか、いくら浮気の調査でも、調査対象者の関係先をあたって情報を集め、依頼主に提供する探偵の業務は違法なのではと不安に思う人も少なくありません。



現行の探偵業者は「探偵業法」の範囲内で業務を行っているので、その点では極めて安全です。
探偵業法が2007年に施行される以前は、個人や法人の探偵業者だけ規制する特別な法律がなかったので、違法な詐欺まがいの業者との様々な被害から個人を保護するために定められました。
配偶者の浮気の兆候に気づいた際は、確固たる証拠を見つけると良いでしょう。あきらかな不倫の証拠というと、「誰が見てもわかる」写真などでしょう。


不倫現場を、何のノウハウもない一般人が適確におさえたり、離婚裁判で採用されるような証拠を手に入れるなんて行為は、トラブルの要因にもなりかねませんし、探偵を雇うなどのプロのワザも候補に入れておくといいかもしれません。



探偵社に相談するにしても、見ず知らずの相手に対しては抵抗感があるという人は少なくありません。個人情報を伝えるのが怖いというのであれば、本名などの詳細を伏せての相談に乗ってくれる事業者も存在します。


まずそのサービスを利用して話を聞いてもらい、良さそうな事業者であれば、個人情報を明かすこともできるのです。

私がどうやって浮気者の嘘を見抜いているかお教えしましょう。


簡単です。



ただストレートに聞いてみるだけでいいのです。
嘘をつく人間というのは必要以上に堂々とするものですし、見ればわかるというものです。

また、少し訊かれただけで、ズラズラと話しすぎるのも怪しいです。

隠し事があればあるほど、沈黙を埋めるように、よく話しますからね。

視線もキョドりますし、目線を追うと簡単にわかるものです。調査費用の支払いは、探偵社の場合は現金オンリーということはありません。規模の大きな探偵業者では以前から決済方法にクレジットカードも選択できるようになっています。


明細書に記載される表示に配慮している会社も多いので、カードの使用明細によって調査会社を使ったことが配偶者にばれるおそれがないのが嬉しいですね。


カード払いを導入するには条件を整えなければなりませんし、業者を選定する上での判断材料にもなるでしょう。パートナーとその浮気相手を別れさせるためには、きちんとした不倫の裏付けをとって、片方、ないし両方に慰謝料を求めるというのが最も効果的です。
一般的に不倫というと、つまみ食いを楽しむ感で、悪いことをしている感覚はあまりないことも多いです。



配偶者として正当な慰謝料を請求することで、自分たちがしでかしたことの償いをさせることができるのなら、ぜひやってみるべきです。もし配偶者の浮気を見つけてしまっても、騒ぎ立てず、ひとまず、今後の対処をはかるためにも、気を鎮めるのが先決です。

もしあなたが相手の不倫を赦すことができないなら、離婚とか、そうなると慰謝料の請求だのも考慮していかなければなりません。
夫婦で話し合う時間を確保し、これから先どうしていくか話し合うと良いでしょう。


どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、個々の道徳意識によって異なると思います。たとえば、自分以外の異性を誉めたり、手をつないだり腰に腕を回すなどの接触を浮気扱いする人もいますからね。

不倫は民法でいう離婚事由であり、性交渉を持つと精神的にはどうであれ不貞となるのですが、結婚生活に波風を立てないためには、不倫しているのではと勘ぐられても仕方ない行動は控えたほうがいいです。パートナーが不倫していることに気づいたら、当事者双方に慰謝料の請求を行うことができます。

といっても簡単なことではありません。
当事者だけで話しあえば、感情的な理由が根本にあるためか、話がややこしくなりがちです。うまくいかないときは訴訟になる可能性もあるので、弁護士を頼んでなるべく円満な解決を目指すのも「あり」ではないでしょうか。探偵御用達のツールとしては、過去には無線発信機というものをよく使いましたが、いまは高性能GPSの利用が進み、昔の発信機と違って調査対象の追跡性能がアップしました。最新のGPSは正確性で検索速度も高いため、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、対象の位置の把握は難しいことではありません。
高性能の小型GPSを設置することにより、時間の無駄を最小限に、追跡調査ができます。総合探偵・興信所や探偵に配偶者の浮気を調べてもらう場合、相応の支出は覚悟しておきましょう。

探偵業務にかかる費用は、具体的には不倫の行動調査の場合、3日で12万ないし14万くらいをみておくと良いでしょう。時間(日数)や調査の内容によって料金は増減がありますから、たいていの調査であれば、50万から60万くらい用意しておけば充分だと思います。興信所に不倫調査等を依頼する(雇う)際は、その調査にどれくらいかかるかの平均的な費用を理解していないと、見積書を見てビックリなんていうこともあるでしょう。
時間単価1万円以上、つまり2時間2万円以上と考えておくと確実です。



一般的に言えば「高い」と感じますよね。

行動調査の時間を増やせば、支払いにはねかえってきますから、支払い可能な金額を超えないように気をつけましょう。


不倫がわかり、離婚調停や裁判ということになれば、まず必要となるのは浮気の証拠でしょう。よくあるものとしては、肉体関係があると客観的にわかるような手紙やメール類、不倫相手とラブホテルに出入りしたときの写真や動画、将来や生活を保障する誓約書なども決定的です。
それに、スマートフォンのメール、LINEのトーク履歴が証拠として認められることが増えました。身内からの指摘で主人の浮気の疑いが濃厚になったので、友人宅のPCを借りて探偵社を探してみたのですが、出るわ出るわ、自社サイトを持っているところって意外と多いんですね。
3社ほど問合せして、もっとも相談員さんの対応が良かった探偵会社に調査してもらいました。
わかってて依頼したものの、証拠を見てしまうと、頭の奥がスーッと冷えました。

興信所や探偵は中堅や小規模もいれるとかなりの数があり、選ぶなら、その中で評価の高いところを選ぶべきです。ウェブを利用することで、各探偵業者の利用者のクチコミを見ることができると思います。



地域性もある仕事ですから、地元近辺で好評価を得ている探偵を見つけて、そこで話を聞いてもらえれば、調査を任せても安心でしょうし、しっかりと浮気の証拠を押さえてきてくれるでしょう。不倫の証拠をおさえるための素行調査は、対象と近すぎる間柄の人が行うと、尾行自体がバレやすく、さらにはもし自分が冷静でもカッとした相手の行動に対処できない危険性もあります。


同じことでも探偵に依頼すれば、相手に気取られず浮気調査するテクニックと資材を持っていますし、顔見知りの素人がやるより安全かつ確実に証拠を集めることができるというものです。

調査がバレてしまっては元も子もないのですから。
配偶者のいる人が不倫してしまった際、もしばれれば、ただ単に別れるのではなく、慰謝料の発生も考慮しなくてはいけません。相手がきちんとした裏付けをとっていれば、圧倒的に不利な立場になります。



だいたいの支払額ですが、2ケタ万円から3ケタ万円と大きな違いがあるようです。支払いがつらければ、現実的な支払額になるよう相談するのも悪くないかもしれません。探偵に浮気調査を依頼する(雇う)なんて、すぐ離婚するみたいに思われると心配する人もいるでしょう。でも物は考えようで、離婚しない人も多いですし、そう深刻に考えるより、気持ちの負担を軽くする程度に思ったほうが良いように思えます。不倫相手と別れさせるとか、離婚するとか、どちらにしても、浮気の証拠があれば何にしても絶対的に有利というものです。

興味がなかったり直視する気がなければ、それはそれでいいのかもしれませんが、モヤモヤしているのが嫌ならその道のプロ(探偵)に相談する価値はあるでしょう。
浮気というのは字のごとく軽い気持ちでしてしまうものかもしれませんが、妻にとっては人生の幸福が台無しになりかねないのが不倫というものでしょう。

そんな不埒な行いを放置するというのは不可能でしょう。



不倫の証拠収集というと定番なところではケータイチェックでしょう。肌身離さず持っているようなら、メールやラインなどを使って不倫相手と連絡をとっている可能性があります。探偵を雇って行う素行(不倫)調査には、浮気の裏付けがとれたら支払うという出来高制の契約もあります。
それって浮気の証拠を押さえない限りは無料ってことですよね。

一見するとオトクに感じますが、不倫そのものがないのではと思われるときや、普通より調査に時間がかかりそうな場合は受け付けてもらえないこともあるそうです。
また、調査員が浮気の裏付けをしっかりとってきた際、意外な高額請求になる場合もあるので注意してください。
以前は携帯を目覚ましがわりにしていたのに、急にマナーモードにしだしたので、ついに浮気されちゃったのかと、ショックを受けました。
もしかして元カノかと、チェックしてみましたが、ロックしてあって、見れなかったんです。



泥沼は嫌なので、これは総合探偵・興信所を頼むべきだと考えたのですが、嫁のお金の出どころって旦那なんですよね。
どうしたらよいのか、二の足を踏んでいます。
配偶者(夫・妻)が浮気をしている気配があって使ったこともない探偵社の中から調査を依頼する先を選ばなければいけない場合、ついつい手頃な価格のところを探しがちです。


確かに安さは悪いことではありませんが、安すぎる時は用心したほうがいいです。

経費を省くため、調査内容がいまいちという場合もあるので、これから依頼するのであれば、常識的な程度の安値なのか、信頼できる業者なのかは、あらかじめ確認しておくべきです。もともと混同されがちな探偵業者と便利屋ですが、それは大きな間違いです。

この二つには大きな違いがあるんですよ。


様々な頼まれ仕事を引き受ける便利屋は開業許可等を必要としませんが、探偵業は個人であろうと法人であろうと、所管の公安委員会あてに、探偵業法に則って開業届や誓約書等を出し、探偵業の認可を受けてこそ開業できるのです。

こうした手続きを踏んで、依頼者の個人情報と権益を守る義務があるのが探偵業者です。


興信所に調査を依頼する際に確認しなければいけないのは、経費を含む料金の総額だと思います。

一応の目安を掲げている会社もあるものの、時間や手法によって変わってきます。

素行関連の調査などの場合、とくに浮気なら、1セット60分で作業するときの平均は、2万円前後です。

まともな業者であれば同じような価格帯だと思いますが、プロに相談して見積もってもらうのが時間もかからず、気持ちも整理しやすいのでいいでしょう。



懐かしい同窓会やサークルのOB会などの出会いは、禁断の恋に陥ることが本当に多いです。
以前ときめいた相手と距離が近づいたり、級友同士ということでお互いが男性(女性)であるといった意識が希薄になり、距離が一気に縮まります。

もし里帰りや同窓会、OB会などのあとに相手の様子がおかしければ、不倫か、その一歩手前にいるのかもしれません。浮気の気配を感じたら、すぐに探偵業者に依頼しないで、まずはそのような業者が行う無料相談を利用するのも手です。家庭を揺るがしかねない状況に心を痛めている時に、見聞きもしたことのない業者に不倫調査をしてもらうのは、やはり不安でしょう。リスクや不安は少ないほど良いのですから、うまく無料相談を使って業者の良し悪しを見極めましょう。

探偵社に任される仕事というと、その大半は身内の方による浮気調査です。そんな仕事を例に、プロの仕事を解説します。調査方法の基本としては、まず、追跡します。


いわゆる「尾行」です。依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、不倫の可能性が高そうな日(時間)を狙って相手の浮気の証拠を抑えるのです。



ドラマの中で見かける通り、不倫の証拠写真といえば、不倫の相手とラブホ前で手をつないでいる場面につきるでしょう。もちろんシロウトでも撮影はできますが、証拠としては使えないレベルである場合が多いようです。



確固たる裏付けとなるような高画質で撮影しなければ意味がないので、探偵業者を利用する方が良いのではないでしょうか。探偵の看板を掲げるにはとくに決まった資格や免許等は不問といっていいでしょう。


ただ、業務の適正化と個人の保護のために施行された「探偵業法」に則り、その業務を始める「前日」以前に、所管の警察署を通じて届出書を公安委員会に提出したあと、「探偵業届出証明書」を交付してもらい、許可を受けることが開業の大前提となります。野放しというわけではないのです。総合探偵・興信所と探偵。



実は両方とも同じ認可で行われるので、業務内容も違いがありません。共によく扱うのは、離婚請求の理由として向こうの不倫をあげるのであれば、第三者にも浮気が分かるような証拠がなければ立証できず、不満足な結果に終わってしまいます。

自分で証拠を得ようにも相手にバレたらおしまいですし、ちゃんとしたノウハウを持った業者に頼むほうがスムーズに離婚できると思います。

仮に離婚しなくても、慰謝料請求の根拠にもなりますし、再発防止に効果を発揮します。

後払い!頭金0円