私は31歳の自営業者です。2年前に結婚した同い年の妻がいますが、子供はまだ

私は31歳の自営業者です。



2年前に結婚した同い年の妻がいますが、子供はまだいません。

つい最近、まさかの不倫発覚。


バレたとき、嫁は謝るかと思ったのですが、まったくなし。それっきり話もしません。

これでは旦那婦の意味がないですよね。

妻から傷つけられるとは思いませんでした。このままにしておくつもりはありません。こちらも何か行動を起こさなければと思っているところです。離婚を前提としているようで不倫調査を頼むのは気が引けるという人もいるでしょう。



ただ、この調査の時点では敢えて難しく考える必要はないようにも思えます。離婚云々はさておき、その証拠を握っておいたほうが有利なのは確かです。興味がなかったり直視する気がなければ、それはそれでいいのかもしれませんが、白黒つけたいと思うなら、探偵調査を依頼する(雇う)価値はあるでしょう。浮気調査というものは、探る相手が顔見知りですから、調査していることに気づかれやすい上、自分か相手が激昂するといった不測の事態が起こる危険性もあります。同じことでも探偵に依頼すれば、ターゲットにばれることなく不倫の証拠を集めるテクニックに習熟しているため、シロウトが行うよりずっと上手に目的を完遂することができるのです。探偵調査を依頼されても、証拠を用意できないことがあります。

たとえば、浮気の素行調査等で調査期間中にその行動が見られなかったケースです。ただ、調査員の調査能力が不足していることにより、結果が出ないこともないわけではありませんから、仕事を発注する探偵社のクチコミ等を事前にリサーチしておくことが不可欠です。

また、探偵や相談員とよく話し合うのも結果に大きく影響してくると思います。


浮気の慰謝料の請求は、いつでもできるというわけではありません。

不倫していた相手が明らかになってから3年、また、不倫行為があってから20年以内だそうです。
仮に時効直前でも提訴すれば、この時間経過を止めて、時効を事実上なくすことができます。

つまり、時効が近い場合は、訴訟に踏み切るのも考えに入れましょう。探偵業者の電話にかかってくる相談の過半数は、浮気の追跡調査です。それをベースに探偵の調査手法を解説します。



標準的な不倫調査としては、依頼人から提供された対象情報を参考に相手を追うことから始まります。相手が警戒していることもありますから、あきらかにクロかグレーの日に狙いを定め、証拠を入手します。


探偵が対象に接触するのは法律で禁じられているため写真撮影が主です。

不倫調査の依頼を受けた探偵業者は、刑事ドラマで「あるある」みたいな方法で対象を調べることだってあるのです。

追尾調査、張り込みは基本ですし、交友関係を絞っていき、ときには彼らから情報を聴取するなどの調査を行うことがあります。それに、あくまでも企業秘密で、クライアントでさえ知ることができない調査方法もあるのは事実です。地元の友人が、ダンナ浮気してるみたいだよと教えてくれたので、ネットで「探偵 不倫」で調べてみたのですが、比較サイトや公式サイトがたくさん見つかりました。


3社ほど問合せして、こちらの気持ちをよく理解してくれた探偵さんに調査を頼んで、結果を待ちました。

調査を頼むぐらいだから限りなくグレーなんですけど、証拠写真は私が見て充分判別がつくほどでしたし、あれにはさすがに落ち込みました。大事な家庭に不倫という影を感じるようになったら、考えなしに探偵に浮気調査を頼むよりも、無料で相談してみると安心で良いでしょう。家庭内でのゴタゴタで気持ちの安定を欠いているときに、今まで利用したこともない業者に不倫調査をしてもらうのは、いささか心配でしょう。
リスク軽減のために、良い業者を見極めるためにも無料相談は有効です。なんとなく不倫の気配を感じたら、証拠を探したほうがいいでしょう。

あきらかな不倫の証拠というと、写真や動画など、第三者が見て浮気だと判断がつくものです。


シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、慰謝料の請求や裁判を有利に進めるために必要な証拠を手に入れるなんて行為は、トラブルの要因にもなりかねませんし、探偵を雇うなどのプロのワザも検討するといいでしょう。
探偵業者に依頼する際に無視してはならないのは、支払い面でのことです。調査によって代金の相場はないわけではありませんが、依頼の詳細によって差が生じるのは致し方ないことでしょう。



行動調査(不倫など)の場合でしたら、1時間の調査として、平均的には2万円前後です。安ければいいというものでもないでしょうから、実際に電話で相談して価格を聞いてみるのが最も簡単で、具体的な回答が得られると思います。会社規模が大きければ大きいほど一番良いとは断言できないものの、規模の大きな興信所を選んだほうがリスクを避けることができるのでオススメです。小さな事務所の中には、満足な調査をせずに完了したと偽り、代金を請求してきたり、料金が不明確だったりする会社もあります。また、親切に相談にのってくれるかどうか、契約や料金についてきちんと説明があるかも、重要です。

探偵社で浮気調査をしてもらった際、あとから追加料金が生じることもあります。契約書を見てみると、まともな会社であれば、別途料金を請求することについて書かれています。

したがって契約書にはよく目を通して理解しておくべきでしょう。
よくわからないことがあれば、きちんと契約前に確認しておくのもおろそかにしてはなりません。不倫を裏付ける確かな証拠がない限りは、離婚や慰謝料請求の裁判では、苦しいかもしれません。



なぜなら、裁判所で浮気の事実を認めないこともあるからです。「疑い」レベルではクロ扱いされないということですね。

そこで物を言うのが、浮気の事実を立証できる証拠の存在です。誤解で訴訟を起こしたり、クロなのに裁判で認めてもらえなかったりするのを防ぐために、しっかり調査しておくことは大事です。

全部がそうというわけではありませんが、探偵社では相談の段階までは代金をもらわない(タダ)というケースがあるのをご存知でしょうか。
贔屓の探偵社がある人なんていませんから、これはぜひ利用しておきたいですね。

よく話をきいてくれるか、良い会社かを見極める上でとても参考になるでしょう。専任のスタッフを置いているところもありますし、話すことにより、頭の中でもやもやしていた問題を整理できるのは、大きな進捗ではないでしょうか。
浮気されたことによって心に傷を負った人の心をケアをしてくれる専門のカウンセリングがあります。



専門家の手を借りて不安やマイナスの感情を取り去りながら、精神面の回復を促し、心の健康を取り戻していくことができるはずです。

浮気相手と二股かけられていたことで相手と別れても他人を信用できなくなったり、将来に対して消極的に考えてしまうといったケースもあります。
それに浮気された旦那婦がもしやり直すのであれば、カウンセラーと話すことで情緒面を落ち着けることができます。興信所や探偵に配偶者の浮気を調べてもらう場合、ある程度まとまった資金を要します。


平均的な調査料金ですが、一般的な浮気調査でだいたい20万円(4万円で5日間)程度を見込んでおくといいと思います。時間(日数)や調査の内容によって料金は増減がありますから、なにを依頼するにしても概ね5、60万程度と考えていれば足りるでしょう。
興信所を利用するにはお金がなければダメかというと、最近は結構多様化してきていて、全国展開している大手などでは支払いはクレジットカードでもOKです。

利用明細にはそれとわからないような表記を採用している会社も多いので、カードの使用明細によって興信所や探偵を利用したことが気付かれる恐れもありません。カード会社の加盟店になるには条件を満たす必要がありますし、信頼度のちょっとした目安にもなると思いますよ。ダンナの不倫や隠し子などの探偵を雇って調査するというドラマやマンガって、時々見かけます。ストーリーの中の探偵さんの仕事を見ていると、わざわざお金を出して頼むまでもない気がしますよね。

しかし、たとえば警戒している調査相手にわからないように追跡したり写真を撮影することは、難易度の高いワザです。
調べていることが向こうに分かってしまっては元も子もありませんから、その道のプロである探偵社に任せることを強くお勧めします。

異性として見られた嬉しさから応じてしまい、支えあうつもりが泥沼にはまっていく。そんなに浮気は魅力的なのでしょうか。


もし、今の家庭環境に不満でも、しっかりケジメをつけずに新しい相手とやり直そうというのは、虫が好すぎると世間一般では思うでしょう。
夫婦の間で生じた不満なら、不倫より先に解決策もあったでしょうし、お子さんがいるご旦那婦なら無責任もいいとこだと思います。軽率のツケは高くつくでしょう。総合探偵・興信所を使うときの代金はまちまちで、追加費用を加算したりして高額な請求を行っている例もあり、注意が必要です。


高ければ高いだけ調査品質が高いかというと、一概に釣り合っているとは言えません。高いお金を払って、浮気の証拠はありませんでしたという結末にならないためには、契約前に調査費用の平均値ぐらいはチェックしておきましょう。
探偵業者の選定には誰しも迷うと思います。そこで目安になるのは「地域」です。
誰しも居住地と勤務地を中心に行動するため、どの地域なのかを中心に、ウェブで探してみると候補がおのずと絞れてきます。
いくつか選んだところで電話で相談員に話してみることをお勧めします。相手は専門家ですが、話をしてみないと、良さそうな探偵社かどうかなんて判断しようもないです。

電話から最初の一歩を踏み出しましょう。配偶者の浮気を興信所に調査してもらうときは、根本的にどういった目的があるのかを決め、事前によく話し合っておくことは欠かせません。浮気をやめさせるだけにとどめておくか、でなければ証拠を集めて離婚裁判に持ち込みたいとかは、はっきりさせておかなければなりません。

依頼の内容次第では微妙に調査内容が異なってくるわけですから、大事なことです。

浮気に依存しやすい人というのは、自然と「うつ」になっている人が少なくありません。



共通する点といえば、やはり精神的なストレスでしょう。

ダブル不倫だの片方が既婚者だのの場合、精神的な疲労や不信感、無力感などを持っている時間が長くなり、メンタルや体調に大きな影響を与えるのです。
それに、取り残された配偶者も不眠やウツなどの症状を抱えやすいです。
探偵社の調査員になって5年目ですが、比較的件数の多い仕事といえば浮気調査でしょう。
証拠を押さえるためには相応の経験とカンが必要です。

地道といいつつも予想外の出来事は多く、すぐ判断してベストな選択をしなければいけないので、気は抜けません。



浮気の場合は相手もいることですし、あくまでも内密に調査を遂行しないと発注者の安全と利益を損なわないよう、常に細心の注意を払うことが大事です。信頼と安全の確保に手抜きはありえないのです。

探偵業者に回ってくる依頼の多くはパートナーの不貞行為の追跡調査でしょう。


奥様の第六感的にあやしいから、浮気の有無をとりあえず調べてほしいとか、ガッチリ証拠をつかんで欲しい(離婚するから)など、幅広い調査に応じています。

パートナーはもちろん、浮気相手から慰謝料をもらおうと思ったら、証拠の精確さが大事ですから、探偵に依頼するのが良いでしょう。安い探偵なんて使わないほうがマシと言う人がいます。おそらくそれは少し昔の話でしょう。



手抜きをしたってお客にはわからないからです。

近頃はネットユーザーが格段に増えましたから、劣悪な業者かどうかもクチコミ評価などを見て判断することができます。
値段の安さだけに釣られると失敗しがちですが、高額なのにそれに見合っていない業者に依頼したってしょうがないので、費用と実績がうまく合致したところであれば、あとで後悔することもないでしょう。



不倫調査で総合探偵・興信所を利用するなら、妥当な価格というものを知っておいて損はないでしょう。


個人情報を元に違法な請求をふっかけてくる事業者もあるので、身を守るためでもあります。



それに、一律料金や割安料金で安心感を与え、追跡調査時の経費や機器代など、追加や割増でかさ増しされた料金を請求してくることもあるので、追加料金の発生条件等も、きちんとした説明を求めるようにしましょう。配偶者(夫・妻)とその浮気相手を別れさせるためには、きちんとした不倫の裏付けをとって、不倫の慰謝料を求めるのが有効です。
たとえばちょっとしたお遊びとか、本人たちは後先のことまで考えが及んでいないことも多いです。



代償としての慰謝料を要求することにより、事態の深刻さを自覚させるわけです。
ホームズやポアロは別として、探偵といえば、大抵の人が尾行を連想するのではないでしょうか。


対象にそれと悟られないよう後を追って、依頼された証拠を得るまで調査するのです。調査が発覚したというケースは極めて稀ですが、追跡する側はターゲットの行動を先読みして予測しなければいけません。想定外の行動をとったから失敗したでは済まされないのが、この仕事なのです。

後払い!頭金0円