36歳の主婦です。6つ年長の旦那と子供たち(8歳、6歳)と、実家の二世帯住宅

36歳の主婦です。

6つ年長の旦那と子供たち(8歳、6歳)と、実家の二世帯住宅に暮らしています。
しかし先月、彼が同じ職場の女性と不倫関係にあったことがわかり、家族会議の結果、離婚が本決まりになりました。

これから女手一つで、この子たちを育てるわけです。


簡単なことではないでしょう。
旦那に言いたいことは山ほどありましたが、相談の場を大事にしたかったので、弁護士さんを頼み、旦那には養育費と慰謝料を合わせたものを、交際相手には慰謝料の支払いを求め、最終的に公正証書に仕立ててもらったのです。面倒くさがりの夫があんなに嫌っていたSNSに最近やたらとハマっています。

携帯も隠すし、すぐ、不倫かなと思ってしまいました。

相手が誰かだけでも知りたくて、携帯の履歴を見ようとしたのですが、きっちりロックでガードされていて、見れなかったんです。

こうまでしてあるからには、もう、探偵しかないだろうなと思ったものの、主婦のへそくりもないので、思案中です。



実際、不倫行為にはまっている人は、自然と「うつ」になっている人が少なくありません。考えられることは、精神的な緊張や負荷でしょう。

ダブル不倫だの片方が既婚者だのの場合、喜びもある一方で不倫の徒労感や不信感などを持っている時間が長くなり、メンタルや体調に大きな影響を与えるのです。
また、浮気されたパートナーのほうもウツや情緒不安定などの症状が出やすいです。世間的には離婚した際、たとえ実の親子でも不倫なんかしていると子供の親権を取得するときに不利だと思われているみたいです。道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。
子供の親権というものは、裁判では日常生活を共に送れているかや育児への関与といった点がチェックされます。



調停委員が子供自身から意見を聞いたりもするように、どれだけ子供の生育環境としてふさわしいかを最も重要なことと考えているようです。


このごろは技術が進み、GPSの衛星測位システムを使って浮気を発見することが容易になりました。

調べたい相手にGPS搭載のスマホをプレゼントすれば、ほとんどリアルタイムでどこにいるかがわかるのです。

別に違法というわけではないですし、自力で配偶者(夫・妻)の浮気を見つけようと思ったら、GPSが役立つかもしれません。
探偵にパートナーの浮気調査依頼した際、調査がバレやしないかと緊張してしまう人は少なくないようです。
調査員はプロですし、年齢も様々で交代要員もいますから、相手に露見するようなことは、まずないはずです。

また、これは大事なことなのですが、浮気調査を依頼したあと、振る舞いが微妙に不自然になってしまって、相手のガードがかたくなり、うまく証拠を押さえられないこともあります。報告書を入手するまでの辛抱だと思い、普段と変わらないようにしてください。浮気の確固たる証拠を提示できない場合、慰謝料の請求や離婚訴訟などでは苦しいかもしれません。

不倫行為の存在を法廷が認めてくれないということも、起こりうるからなんですね。

また、明らかな証拠があれば有利に裁判が進むのは、言うまでもありません。

思いこみで裁判に負けることは不本意ですよね。ですから、あらかじめきちんと調査しておくべきです。

パートナーがすごく用心深い場合、素人が浮気の証拠をつかむことは現実的ではありません。

ただ、証拠さえあれば、離婚するしないにかかわらず、話を進展させるうえで役に立つでしょう。

ですから、不倫をしているなと思ったら、総合探偵・興信所や探偵に調査を依頼しましょう。
お金はかかるものの、交際相手とホテルから出てくる写真のように、言い逃れできない証拠を手に入れることができます。
配偶者の浮気の兆候に気づいた際は、一人で悩むより、早めに証拠を入手すべきです。


不倫行為の証拠といえば、やはり、他人から見ても不倫だなと分かるような写真です。

シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、裁判で確実に証拠になるようなものを手に入れるなんて行為は、トラブルの要因にもなりかねませんし、代わりに探偵社に依頼することも考えておくと良さそうです。現実的な話、探偵に任される調査の大概は身辺調査だと思います。基本は浮気ですね。
ちょっと気にかかることがあるから、不倫をしているか調べてくれという場合や、ガッチリ証拠をつかんで欲しい(離婚するから)など、目的をはっきりさせれば、いくらでもそれに応じてくれるはずです。

不倫相手から慰謝料をとるつもりなら、証拠が明白であることが大事ですし、専門のノウハウがある探偵を依頼する(雇う)のがおすすめです。
自分でなく、職場の同僚のことなんですが、ここ半年ほど奥さんが男と密会しているのがわかったので、裁判でその男を訴えたいみたいなんです。

ただ、裁判となれば相応の費用もかかるでしょうし、写真やメールなどで不倫の裏付けをとり、相手には慰謝料を要求し、今後の接触を禁じるのも一計ではないかと提案してみました。

不倫がわかり、裁判所に離婚の申し立てを行う際は、不倫行為を証明する物証がモノを言うでしょう。



証拠に採用されるものとしては、客観的に見て肉体的な交渉があることが判断できる手紙やメール、ラブホや不倫相手宅に通っているときの写真、指輪等に彫った文字、愛を誓う誓約書などです。
それに、スマートフォンのメール、LINEのトーク履歴を証拠採用する例もあります。


興信所や探偵社などを経営する際は、特殊な免許資格は要りません。ただ、業務の適正化と個人の保護のために施行された「探偵業法」に則り、探偵の業務を開始する「前日」までに警察署に行き、公安委員会に届け出と誓約書を提出し、公安委員会の朱印と届出番号いりの「探偵業届出証明書」の交付を受け、許可を受けることが大原則です。

これがないか見せるのを渋るようなら怪しい業者ということです。


配偶者に浮気をしていることがバレたときは、相手から慰謝料を要求されることもあるでしょう。

向こうが証拠を押さえていたら、言い逃れはできないです。


慰謝料の額は実際、50万くらいから何百万円までとかなりの違いがあります。

その額で難しいときは、分割期間の変更や減額を頼んでみるのもありでしょう。


W不倫、しかも職場って多いんですよね。

ただ、知られたところで、不倫に強要などのパワハラやセクハラを伴わない限り、個人の問題が理由で仕事を辞めさせることはできません。ただ、職場の規則やパートの契約書などの、勤務場所内の風紀や秩序を乱す行為という部分をもってすれば懲戒も可能ですが、せいぜい上司から注意される程度で、それ以上の処分にはならずに終わりがちで、結局のところ「甘い」印象は否めません。総合探偵・興信所や探偵に調査を依頼するなら、事前に評判をチェックすることが不可欠だと思います。悪質なところだと、請求される料金の明細が不明確だったり、満足な調査をしていないこともあるようです。少なくとも標準より高評価の事業者を選べば、割高な請求の心配もないでしょうし、不倫調査のような秘匿性の高い仕事も安心して頼めるでしょう。


許しがたい不倫行為を働いたパートナーへの復讐は、家庭での立場や信頼を揺るがせたわけですから、それを「社会的」にそっくり返してやることです。うわさ話程度ではなく、誰が見ても明らかな証拠が必須だとは思うのですが、それさえあれば、気の済むまで相手を追い込むこともできるし、目に物見せることができます。

中には浮気相手への追及もぬかりなく、職場や家族に知らせて溜飲を下げるという人もいないわけではありません。ご近所と付き合えなくなったり職場をやめたりと、それだけのことをしたのなら、しょうがないですよね。

調査会社に探偵を依頼する時に心配なのは、やはり料金でしょう。
ある程度の目安となる料金はありますが、内容いかんで増減します。不倫の調査とかでしたら、1時間の調査だったとして、一般的には3万円以下、2万円以上です。

相場を知ったところで結局はオーダーメイドですから、直接、業者に価格を問い合わせてみることが最も簡単で、具体的な回答が得られると思います。



単純作業に思われがちな浮気の尾行というのは、対象と近すぎる間柄の人が行うと、調査していることに気づかれやすい上、自分か相手が激昂するといった不測の事態が起こる危険性もあります。


探偵業者でしたら、追尾や浮気の証拠集めに必要なノウハウも機材もあるので、シロウトが行うよりずっと上手に浮気の裏付けがとれるはずです。

不倫相手の奥さんがきちんと勉強している人の場合、内容証明郵便で慰謝料請求を送付してくること事体、ありえないことではありません。

ひとくちに慰謝料といっても、向こうが離婚したかどうかで大きな違いがあります。


仮に離婚せずに慰謝料として高額な金銭を要求されたら、冷静になって、弁護士に入ってもらうべきです。結婚相手の不倫行為によってダメージを受けた人にカウンセリングを実施しているところもあるそうです。


経験値の高いプロに相談することで、心の傷を癒し、前進していけるのです。


最も身近な人物に欺かれていたために、別れたあとも人間不信を引きずってしまい、積極的に将来のことを考えられなくなるという相談もしばしば聞かれます。


離婚なんかしない、やりなおしたいだけという時も、カウンセリングが効力を発揮すると思います。ほんの火遊びのつもりでも、その配偶者からしたら浮気は人生を揺るがす一大事でしょう。そんな身勝手な行動をしたい放題にしておくなんてもってのほかです。



相手の浮気を裏付ける方法というと定番なところでは携帯(スマホ)ですね。用心してフリーメールを使っていたり、ライントークで連絡をとっていると考えるのが妥当です。探偵社の調査員が尾行に利用するものとして、従来は発信機がありましたが、最近の探偵社の多くは更に信頼度が増したGPSを使用するようになり、昔の発信機と違ってターゲットを見失う危険性が減りました。



最新のGPSは正確性で検索速度も高いため、大規模な立体駐車場やガレージ等に入り込まなければ、相手車両の発見は容易になりました。



GPS を取り付けることができれば追跡調査の確実性は著しく増すのです。



略奪婚は、けして幸せにはなれないと言われています。
実際そうでしょうね。自己中心的な考えで、よその家族を滅茶苦茶にしてきたわけで、もし結婚できても、知り合った経緯からして話せませんし、いつかはばれるのではと怯えてやっていくのですから疲れるでしょう。



不倫相手と結婚したって、「この相手なら再々やりかねない」と思ってしまいますし、そう落ち着いてもいられないでしょうね。

どういうわけか浮気というのは、何度も繰り返す根絶しがたい面を持っています。


浮気が発覚して、一応反省はするものの、こっそり連絡をとって、ほとぼりが冷めるのを待っている可能性はおおいにあります。
言動から怪しさを感じ取るようなことがあれば、探偵を雇って行動調査をしてもらって、相手の不貞行為が明らかになるような証拠を見つけて、決着をつけてもらいましょう。興信所や探偵への料金の支払方法ですが、比較的大手事業者であればローンを利用した分割払いやクレジットカードができるところもいくつかあります。すぐにでも浮気調査をしてほしいのに代金の都合がつかないという場合は、そうした会社に依頼するのも手だと思います。どこからどこまでが浮気扱いになるのかというと、やはり人によって違ってきます。



「私より他の女性を優先した」とか少しでも体が触れ合う(あるいはどちらかが触る)と浮気と言う人も、いないわけではないです。実は不倫には法律上の定義があり、肉体関係が生じた段階で不貞行為と認識されます。

順風満帆な結婚生活を続けたければ、浮気を連想させる行為やメール、SNS上のやりとりは控えたほうがいいです。



探偵業者に任せるべきかどうか、ずっと悩んでいるのなら、電話をかけてみることから始めてみてはいかがでしょう。業者の場所や連絡先等は、電車や雑誌の広告などでも見られます。受付専任のスタッフがいて、相談内容に沿った調査方法を提案してくれて、それで良ければ仮見積もりを出してもらえます。

相談と見積りまでなら無料という会社も少なくないですし、納得いくまで検討するといいでしょう。携帯電話をチェックしなくても、不倫をしているかは想像がつくものです。例えば、単刀直入に質問してみるといいのです。



嘘を言うときには人は必要以上に堂々とするものですし、見ればわかるというものです。また、簡単な返事で済むところを、まるで物語のように話をふくらませるのもアウトでしょうね。


心に負い目があると、会話で間があくのを嫌うかのようにべらべら喋るものです。


視線もキョドりますし、目線を追うとすぐ判別がつきます。探偵業者を選ぶ際は、あとでがっかりしないためにも、調査相手の居住地に近い業者に限定すれば探偵の数も絞れます。



細かな土地勘があればあるほど、詳細な調査ができますし、報告書の精度も上がるでしょう。それと、依頼内容次第では不得意なこともありますし、逆もまたあります。オフィシャルサイトや電話で話をして確認しましょう。

後払い!頭金0円