不倫を裏付ける確かな証拠がない限りは、訴訟では思うような結果にならないかも

不倫を裏付ける確かな証拠がない限りは、訴訟では思うような結果にならないかもしれません。なぜなら、裁判所で浮気の事実を認めないことがあるからです。
そんなときに大事なのが「動かぬ証拠」なのではないでしょうか。


誤解で訴訟を起こしたり、クロなのに裁判で認めてもらえなかったりするのに納得できる人はいませんよね。
そうならないために、裏付け調査を探偵に依頼しておくべきです。
不倫行為があった場合、当事者双方に慰謝料の請求を行うことができます。

もっとも、自分たちだけで話しあおうとすると、権利争いや感情面での言い合いになって、しばしば泥沼化してしまいます。もめ方によっては訴訟になるでしょうし、弁護士を頼んで問題のスムーズな進展を目指していくのも「あり」ではないでしょうか。世間的には離婚した際、離婚の原因となったかどうかはともかく、浮気していた方の親は親権が得にくいという話が蔓延しているようです。


でもそれは、絶対的なものではないのです。

親権というのは原則的に、同居の有無や子供を育てることに協力的だったかどうかなどを重くみる傾向があります。要は子供を中心にして、どれだけきちんとした生育環境なのかがカギなのです。


どうやったら探偵を雇うことができるのかというと、調査探偵業を行っている事業者に依頼するのが一般的かつ確実だと思います。代金に見合った仕事をしてもらうためには、少し手間をかけても複数の会社を比較することを強くおすすめします。少なくとも標準的な料金は知っておく必要があるでしょう。
悪質な価格設定の探偵を避けるための自衛策でもあります。
総合探偵・興信所や探偵業者は無料相談電話ではありませんので、調査を依頼するときは代金が必要になります。それに、依頼する調査の内容次第で見積り額も変わってくるでしょう。

追跡して行動を窺うような調査だと、ある程度まとまった時間を要します。


どのくらいの期間を要するかでも料金は変わりますので、調査が長期や長時間になれば必然的に費用は多くなります。もし配偶者が不倫している疑いがあり、新規で探偵社へ調査を依頼しようと思うと、一律いくらとか安価なところは魅力的です。
ただ、理由もなく安い場合は安易に契約を結ぶべきではありません。安いけれど調査品質もそれなりだったということがありますからね。


調査を依頼する(雇う)際は、他社と比べてみて、その価格でその業者に任せて大丈旦那かどうかは、しっかり確認しておきましょう。不倫調査の依頼を受けた探偵業者は、テレビでよくやっている探偵物のような方法で調査をすることも、ないわけではありません。

行動追尾や張り込みは言うまでもなく、行動と場所と時間のパターンを分析した上で、妥当であれば交友関係者に聞き取り調査などもすることもあります。それに、あくまでも企業秘密で、違法ではないけれど極秘の調査手段があるとも言われています。



探偵社の評価を確かめもせず契約してしまうと、お金を無駄にするだけで済まないこともあります。

相談に行っただけなのに事務所に足止めし、契約を急いだり、相談者に心理的な重圧をかけてくるところは用心してかかるべきです。

帰宅したあとに、やたらと電話で勧誘してくるのも、たちの悪い業者によく見られる傾向です。まともな探偵社や興信所であれば、けしてそのような行為はありません。婚姻中に不貞行為があったために家族会議でも離婚話が進展せず、とうとう家裁での離婚調停となる場合もあります。

家事調停委員が加わり、裁判所内で協議が行われるため、どちらかが怖がったり渋ったりしている場合でも解決に向けて進展しやすいため、精神的な疲労もそれだけ軽減されます。

緊張せずリラックスして臨みましょう。
興信所や探偵社に不倫の調査を依頼するなら、どんな目的でどのような調査をしてほしいか明確にしておくのが大事です。

たとえば、配偶者の不倫さえなくなれば良いのか、もしくは裁判で離婚するための証拠を押さえたいのかを区別して、伝えておく必要があります。依頼している(期待している)内容によって、探偵の調査内容に違いが出てくる場合が多いからです。許しがたい不倫行為を働いたパートナーへの復讐は、社会的生命を奪われかねないストレスを与えることが一番だと思うんです。
もっとも、それをするには確固たる裏付けがなければダメなのですが、きちんとした裏付けさえとれれば、あとはもう好きなように締めあげてやるまでです。面倒なので私はしませんが、不倫相手の勤務先や親族などに密告する人もいるようです。家族関係の悪化や失職するなど、それだけのことをしたのなら、しょうがないですよね。
武道や運転免許等の資格は、探偵には必須ではありませんが、不倫調査などのように具体的な仕事をこなすには、スキルがしっかり身についているレベルにまで達していなければなりません。
ベテラン社員にも複数回の講習や試験を義務付けている会社もある一方、酷い会社になるとマニュアルをさらったぐらいのアルバイトが現場に配置されていることもあるそうですし、安すぎるところは疑ってかかったほうが良いかもしれません。


金銭という対価に合った仕事ができる探偵が担当すること。それが、お金も時間も無駄にしないコツです。



出口の見えない不倫でも、かならず終わりがあります。

パートナーに浮気の事実をつきとめられ、家族、親族、同僚などからそっぽを向かれたり、多額の養育費や慰謝料の請求に青息吐息なんてケースもあるでしょう。あるいは双方離婚してくっつくといったケースもあります。
どういうルートを辿ろうと、不倫でハッピーエンドになることはありません。

ふつうの金銭感覚でいうと、探偵を使って浮気調査をする際の費用は高いように感じることがほとんどでしょう。


割安だからと安易に業者を頼んだものの、浮気調査の成果そのものが得られなかったり、追加料金が発生しては、無駄遣いもいいとこです。結局のところ大事なのは、探偵社の調査力の高さです。しかし、調査料が高額であるほど絶対的に素晴らしい調査能力を有しているかは一概に決めかねるところがあります。


以前に比べSNSに抵抗感のない人が増えてきて、そこから浮気がバレるケースが増えています。
配偶者がスマホを片時も離さずSNSを更新していたら、不倫相手と連絡を取り合っていると考えていいでしょう。

スマホやSNSへの警戒心は、不倫をしているかどうかの判断材料にもなりえます。探偵社に入ってくる事案でもっとも多いのはパートナーの不貞行為の追跡調査でしょう。挙動不審なところがあるので、自分以外に相手がいるのかどうか知りたいというものから、離婚や離婚裁判で使える証拠をかためてくれというものまで、目的をはっきりさせれば、いくらでもそれに応じてくれるはずです。とりわけ、不倫相手に慰謝料を求める場合は、証拠の精確さが大事ですから、探偵に依頼するのが一番だと思います。
里帰りや同窓会など、再会のシーズンは要注意。浮気のきっかけになるケースが多いことが知られています。

以前ときめいた相手と距離が近づいたり、元クラスメイトということで性別の垣根が取り払われるので居心地の良さや癒しを感じる人が多いそうです。

クラス会が終わってから、挙動が怪しいと感じるようなら、不倫の可能性も考えてみてもいいかもしれません。旦那の浮気予防になるよう、私がいま気をつけていることは、自分にとって大事な人のことを、けして否定しないことです。要望やお願いはいっぱいありますが、本気の言い合いになりそうなことは(思っていても)言いません。また、相手の収入や仕事をおとしめるような発言も慎むようにしています。一家の主である彼を第一に考え、嫁としての外見への心配りも怠らず、女らしいふるまいを心がければ恋人気分が長続きして、ほかの女性に癒しを求めることもないだろうと思っているんです。不倫の結果として生まれた子供でも認知請求することは可能です(民法779条)。

戸籍に名前が記載されるだけでなく、子の養育費の支払いにも関わるため、とても重要な手続きです。

なかなか認知されない場合、家裁に訴えることもできます。
子供ができないうちに浮気をやめてもらわなければいずれ大きな金銭的負担があると思っていいでしょう。

いざ探偵を利用しようと思うと、どこに依頼したら良いかわからないものです。まずは大手や中小にこだわらず、対象地域に営業所があるかどうかウェブで探してみると候補がおのずと絞れてきます。ある程度の選別ができたら最寄りの営業所か代表電話に電話して、話してみることをお勧めします。

とにかく話を聞いてみなければ、信頼できる探偵社かどうかわからないです。電話番号を非表示にしてかけることもできるのですから、まずは電話です。

業界で名の知れた会社が一番良いとは断言できないものの、探偵業者の場合は大手のほうが後悔することが少ないと思います。会社規模が小さなところでは、充分な調査をせずに見積りと全然違う料金を請求してきたり、調査料金の詳細についての説明を拒むところもあるようです。もちろん、電話での応対や事務所スタッフの説明の仕方なども良い検討材料になりますね。
色々見ていくと、浮気相手と別れた理由で一番多いのは、当然かもしれませんが、浮気が発覚したからだそうです。


とはいえ、自分で浮気の証拠を見つけるのは難しいし、却って警戒されるかもしれません。どうしたって探偵事務所や総合探偵・興信所等に不倫の調査を依頼するほうが失敗もなく、気苦労も少なくてすむでしょう。そのかわり、浮気の匂いを察知するあたりまでは、やはり自分以外にその役目を果たすものはありません。

浮気していることがわかっていても、ガードが堅い場合、不倫の証拠を自分で見つけることは現実的ではありません。



しかしきちんとした証拠を握っていれば、不倫関係を解消させるとか、離婚するとかにしても何かと便利に使えるでしょう。


配偶者の浮気の疑いが濃厚であれば、裏付けをとるよう探偵社に依頼すると良いのです。
多少出費はかさみますが、体の関係があると思われるような写真のように、言い逃れできない証拠を手に入れることができます。

たとえ浮気といっても不貞行為ではありますから、相手の配偶者から、不倫の慰謝料請求が送りつけられてくることは充分考えられます。
気になるのがその金額ですが、あちらが離婚しないか、したかによって差があります。
仮に離婚せずに一般的ではない多額の慰謝料を要求された際は、冷静になって、弁護士に入ってもらうべきです。探偵業といえど競争があるのは事実で、大幅値引きな価格を提示したり、均一価格でOKという会社もしばしば目にするようになりました。


ただ、状況に応じて追加料金が必要な例もあるので、正式に契約してしまう前にそういった疑問点を解消し、時間とお金を無駄にすることがないよう気をつけるようにしましょう。

「一番は君だけだ」なんて、あとから幾ら言ったところで、不倫の対価は高くついて当然でしょう。まず、不倫で取り残された配偶者がどのような対処をとるかで変わってくるとは思いますが、別居や離婚ということになるばかりか、慰藉料を請求されることだってあります。
不貞行為が明るみに出れば、金銭的にも社会的にも代償を支払い、償わなければいけないのです。子育てが落ち着き、周りも勧めるのでパートを始めたんですけど、そこの店長さんと親しくなって、不倫関係をもつようになりました。

子供ができてから今までの間、のんびりと主婦してただけなので、軽率なところもあったんでしょう。


挙動があやしいと、早くから主人もわかったらしく、あちらの奥様とこっそり談合され、向こうはヨリを戻しましたが、私はそうもいかず、夫には慰謝料と離婚を求められるということになってしまいました。


行動がおかしいとか、配偶者に不倫の疑いがあるときは、確固たる証拠を見つけると良いでしょう。不倫行為の証拠といえば、やはり、「誰が見てもわかる」写真などでしょう。

シロウトが相手に警戒されないよう尾行して浮気現場をつきとめたり、慰謝料の請求や裁判を有利に進めるために必要な証拠を入手することは相手に発覚するおそれもありますから、その道のプロである探偵を利用することも考える価値があるのではないでしょうか。旦那は帰宅するとテーブルに携帯電話を置きっぱなしの人でしたが、隠すようになったので、ぶっちゃけ浮気かなと思い当たり、暗い気分になってしまいました。
知り合いかそうでないのか確かめようと、チェックしてみましたが、ロックしてあって、なんの情報も得られませんでした。かくなる上は探偵しかないだろうなと思ったものの、嫁のお金の出どころって旦那なんですよね。
どうしたらよいのか、ためらっているところです。かつては安値で探偵を引き受ける業者は劣悪という印象でした。

手抜きをしたってお客にはわからないからです。


とはいえ現在は、ウェブを見れば調査内容の信頼度や請求などについても利用者の口コミなどを見ればわかると思います。



値段の安さだけに釣られると失敗しがちですが、高額なのにそれに見合っていない業者をわざわざ使うような無駄も避けたいものです。
品質と料金が釣り合ったところであれば、あとで後悔することもないでしょう。

後払い!頭金0円