27歳の公務員(男)です。一年前に結婚し、妻は子供ができるまでパートに出ています。情

27歳の公務員(男)です。

一年前に結婚し、妻は子供ができるまでパートに出ています。



情けない話ですが、先週、むこうの不倫が判明しました。指摘された妻のほうは逆ギレで、以降、口をきいてくれません。



これでは夫婦の意味がないですよね。悩むだけで健康を損なうことってあるんですね。このままにしておくつもりはありません。私にも考えがあります。


浮気調査を依頼するのはやめたほうがいい探偵に依頼して、証拠を掴み、不倫関係を解消させるまでいったのに、再び浮気する人は一定数いるようです。
退社時刻から帰宅までの空白時間が長くなったとか、携帯電話を肌身離さず持つようになったりで、またあの不倫が始まったのかと相談に訪れる人も少なくないです。

その前の浮気に対する処罰が向こうにとって甘いものだったこともありえますから、次はないということを実感させるような厳しい措置が必要でしょう。


浮気していたことがわかり、これから離婚裁判や慰謝料の請求などを行う際は、配偶者の不倫行為の裏付けが必要です。たとえば、二人の間に肉体関係が強く想定できるような手紙やメール類や、ラブホや不倫相手宅に通っているときの写真、交際相手と交換した念書、旅行メモ等です。

スマホが普及したことで、メール以外にもラインやSNSが証拠として認められるケースが増えました。スマホユーザーが増えた昨今ではそれがきっかけで配偶者に浮気がバレてしまったというケースも増えてきました。
スマホが主流となっている今、メールやLINEなどに浮気の証拠が残っているというのは当然でしょう。わざわざロックしてあったりしたら、おそらくスマホの中は不倫や浮気の証拠だらけでしょうし、本人のガードも堅いと思います。


フィクションの世界ならともかく、現実の探偵の手法として、尾行を思いつく人は少なくないでしょう。対象にそれと悟られないよう行動を追い、依頼された証拠を得るまで調査するのです。調査していることがバレることはほとんどありませんが、探偵は調査対象者の行動をある程度、予測しておく必要があります。



予想しえないことに備えて動くのが、この仕事なのです。

本人たちにとっては遊びのつもりでも、不倫の対価は高くついて当然でしょう。



とはいえ浮気された側がどういう態度に出るかで大きな差が出てくるとは思いますが、家庭が滅茶苦茶になったり、揉めれば裁判になったり、慰謝料を払うことにもなりえます。本人たちにとっては「たかが」浮気かもしれませんが、ばれたら一般的な幸福や信用、金銭など多くのものを犠牲にしてこれからを生きていかなければなりません。同じ勤務先内での不倫は、やはり多いものです。
しかも、事実が判明したところで、会社は私生活面には口を出せないため、セクハラやパワハラの結果でもない限り、仕事を辞めさせることはできないのが現実です。



けれども、企業には就業規則というものがあり、その中の公序良俗、および社内秩序、風紀等を乱す行為といった部分をもってすれば懲戒も可能ですが、ほとんどは言葉だけでの注意であって、処分といえるほどのものはなく曖昧に済まされることが多いです。

全部がそうというわけではありませんが、探偵社では無料で相談員と話ができるケースもあるようです。初めて探偵の仕事を依頼するのですから、積極的に受けておいて損はないでしょう。その会社の対応状況などを判断するのにはうってつけだと思います。先入観をもたずに話を聞いてくれるはずですし、相談していくうちに、漠然とした不安や現在の状況などを洗いなおすきっかけにもなります。もしパートナーの浮気調査で依頼するのはやめたほうがいい探偵を利用するのであれば、ある程度まとまった資金を要します。

依頼するのはやめたほうがいい探偵業務にかかる価格は、浮気調査を例にとると、1週間で30万弱、4、5日なら20万ぐらいはかかると思って間違いないでしょう。


調査内容や所要日数などはコストに反映されますが、何を依頼するにも概ね5、60万程度と考えておくと不足はないと思います。


婚姻外の不倫関係であっても、出生した子どもの認知請求をする事ができ、一般的には子供の母親から父親に対して行われます。
一度認知させれば子供の養育費などを請求できるため、手続きとしては最重要なものだと思います。



認知ときいて浮気相手が逃げてしまった場合、裁判にまで発展するケースもあります。

そんなことになる前に関係を解消できなければ、いずれ大きな金銭的負担があると思っていいでしょう。良い仕事をしてくれる探偵社を選ぶには、地域の専門性で選ぶのも手です。

相手が都内の人ならその区や沿線に事務所のある業者に依頼するようにしましょう。細かな土地勘があればあるほど、深い調査ができ、克明な報告を得ることができるでしょう。

それに依頼する内容や諸条件によって向き不向きもあるようですし、まず、ネットで情報を集めて、ウェブ経由か電話で問い合わせてみるのをおすすめします。
配偶者の浮気を興信所(当日予約可)に調査してもらうときは、目的は何か、今後どのようにするつもりなのかをきちんと話し合っておく事が大事です。たとえば、別れさせたいだけなのか、浮気相手から慰謝料をとりたいのか、もしくは裁判で離婚するための証拠を押さえたいのかは依頼者本人が決め、調査員にしっかり伝えることです。依頼の内容次第では調査方法や裏付けのとりかたなどが変わってくることもあり、必ず伝えるようにしましょう。
浮気の定義は、その人の倫理観によっても違うでしょう。たとえば、自分以外の異性を誉めたり、二人だけで出かけたら浮気扱いする人もいますからね。
法的には配偶者以外との性的な交渉があれば、それだけで不貞ということになります。



しかし、どちらにせよ、浮気しているとパートナーに思わせるような行為は控えたほうがいいです。

パートナーの不倫の調査を興信所に依頼したあと、むこうが気付くのではないかと不安になるかもしれません。

探偵というのは相応の技能と経験を持つプロフェッショナルですから、察知されることはほとんどないと思っていいでしょう。また、意外なところでは、調査を依頼したことで依頼人の「態度」に変化が表れたりすると、むこうが不審に思って用心した結果、調査がしにくくなるということならあります。最低でも調査終了までは、何事もないような様子で過ごすことが大事です。
浮気を証明する写真といったらやはり、二人一緒にラブホテルなどに出入りするシーンなどは、はずせないです。

もちろんシロウトでも撮影はできますが、よほど高性能なレンズでない限り不鮮明になるケースがあります。
裁判や慰謝料請求などで使えるレベルの写真を撮影しなければ意味がないので、その道のプロである探偵に依頼するほうが現実的です。


浮気調査といえども見ず知らずの探偵に個人情報をできるかぎり知られたくないと思う人はけして少なくありません。
初回相談(見積り)までは個人情報は伏せていただいて構わないという業者さんもかなり増えましたし、そうした心配は要らないと思います。それでも最終的に調査を依頼するときには契約書を交わすことになりますから、ある程度の個人情報が知られることは不可避です。
依頼をうけた依頼するのはやめたほうがいい探偵社が実際に浮気調査をする際は、テレビでよくやっている探偵物のような方法で探索を行うこともあります。尾行や張り込みはもちろん、対象の行動半径や関係者を洗い出し、ときには彼らから情報を聴取するなどの調査を行って精度をあげるようにします。
また、社外秘ということでクライアントでさえ知ることができない調査方法もあるのは事実です。



浮気している人の嘘ってけっこうわかるんですよ。それにはいつもと同じようにサラッと訊いてみるのです。


嘘を言うときには人はやたらとハキハキ回答したがりますから、それを見るだけです。

それに、ちょっと聞いただけでまるで物語のように話をふくらませるのもアウトでしょうね。

隠し事があればあるほど、間合いが開くのが苦手になって、埋め合わせにとにかく喋ります。
視線もキョドりますし、目線を追うと簡単にわかるものです。夫の浮気が心配で探偵事務所を訪れるというドラマの展開は、誰でも見かけたことがあるのではないでしょうか。ストーリーの中の探偵さんの仕事を見ていると、わざわざお金を出して頼むまでもない気がしますよね。

しかし、相手だけでなく周囲の誰にもわからないよう行動を追い、まったく気づかれないよう証拠写真を撮影するというのは、非常に難しいです。調査したい相手に露見するのは不利以外の何物でもありませんし、最初から探偵に任せたほうが、依頼者にとっても安全です。

想像がつくかもしれませんが、探偵業で依頼される調査のほぼ8割は、素行(不倫)調査ではないでしょうか。探偵がどんな仕事をしているか、浮気調査の場合でおさらいしてみましょう。

普通の調査では、まず、調査対象の追尾を行います。依頼者なら相手の行動もある程度予測がつきますから、不倫の可能性が高そうな日(時間)を狙って不貞行為の証拠を入手します。不倫の双方が既婚者である場合、浮気をやめようと思った理由には、配偶者との間に子供が欲しくなった(相手が希望した)からというのが少なくありません。
そこから相手に心苦しく感じたり、不倫相手も家庭があるのだと思うと、ふいにうんざりする気持ちが出てきたりします。
もしくは、転勤や世帯構成の変化などで今までのように会えなくなったりすると、やましい気持ちもあってか、関係解消へと動いてしまうのです。


もし浮気されてしまった場合、それがわかった時は、落ち着けと言われても無理かもしれません。ただ、落ち着いてきてからで構わないので、その不貞行為へどう対処するかを考えるべきです。


そもそも不倫は、した人間の方に責任があるのです。

あなたの胸の内では本当の解消には至らないかもしれませんが、これまでの精神的な苦労への慰謝料請求はきっちり行い、相手に責任をとらせましょう。

先日、浮気の慰謝料に請求期限があるのを知りました。時効といって、誰と不倫していたかがわかってから3年以内か、もしくは不倫の事実から20年が期限となっています。もし時効まで時間がないときには慰謝料請求訴訟を起こせば、時間経過をリセットできるんです。
不倫という行為を時効で「逃げ得」にしてはなりません。時間がなければ自ら裁判を起こす手を使うほうがいいでしょう。探偵を頼んで調査してもらうときは、現金がなければ不可能というわけではなく、たとえばいくつかの大手探偵社の場合、クレジットカードでの決済に対応しています。利用明細にはそれとわからないような表記を採用している業者も少なくないですから、探偵を頼んだことが分かることはありません。
カード払いを導入するには条件を整えなければなりませんし、信頼度のちょっとした目安にもなると思いますよ。

探偵を雇うには、探偵業を行っている企業の営業所等に申し込むのが普通です。
代金に見合った仕事をしてもらうためには、何社かを比較してみることがコツです。

とりあえず料金体系や業界相場あたりは知っておく必要があるでしょう。高額な請求をしてくる悪どい会社を見分けるには大事なことだからです。以前も夫は浮気していたのですが、再びそんな素振りがあったので、ネットで「探偵 不倫」で調べてみたのですが、出るわ出るわ、自社サイトを持っているところって意外と多いんですね。3社ほど問合せして、一番感じが良かった探偵会社に依頼しました。
しばらくして報告書を受け取ったのですが、証拠写真は私が見て充分判別がつくほどでしたし、あれには頭の奥がスーッと冷えました。



興信所と依頼するのはやめたほうがいい探偵。何か違いがあるのではと思う人もいるようですが、現代ではその違いはその名称のみと考えていいでしょう。
双方とも探偵の業務を行うという点では変わりませんし、公安委員会への申請義務がある点も同じです。


浮気の追跡調査などを依頼する際は、同じものと思っていただいて支障はないということです。と言っても、どのあたりの分野を得意とするかは、おのおのの会社で違ってくるので、事前に調べたり質問しておくことが大切です。不倫調査を興信所(当日予約可)に依頼する際は、対象の仕事先や交友関係、行動時間など気付いた限りの情報を提供するほうが、時間もコストも削減できます。


何もかも調査員にやらせようとすると、一から浮気の証拠を得るのですからムダな時間を要するのです。隣にいれば自然と気付くこともあるはずですし、冷静に観察に励み、記録に残しておくのが良いと思います。同じような浮気調査でも、その代金は探偵社次第で結構な違いがあるようです。一社では費用の妥当性もはかりかねることですし、最低でも二社以上で見積書を提示してもらう方が、値段だけでなく会社の雰囲気も分かって良いと思います。また、調査相手の行動範囲や人間関係といった情報をなるべく詳細に説明しておくと、効率良く調査できるので、費用圧縮になります。
私ではなく職場の同僚の話です。



彼の嫁(妻)が元カレと不倫していて、男の方を相手どって裁判を起こしたいのだそうです。


結構マジメな話です。
気持ちは分かりますが裁判となると裁判価格が要ると聞いたことがあります。
ちゃんと浮気の証拠を押さえて不倫相手に慰謝料の支払いを求め、交際も接触も一切禁止にするのも手なのではと言っておきました。

後払い!頭金0円